ユニバーサルを考える~雪道編

ユニバーサル的な観点で冬道(雪道)を考えてみる

皆さん、こんにちは
スポットウォーキングさっぽろです

1枚の写真持ってきました。

この写真をいろんな角度から見てみましょう

皆さんはこの写真を見てどう思いますか?

「雪道だから大変そう」というのが最初にくるでしょうかね?

 

例えば車椅子の人が通行するとしたら

道が狭い

タイヤが埋まって動けなくなる

雪山のせいで歩道も狭い

 

視覚障がいの人だと

白杖を路面にたたいた音の反響

点字ブロック

側溝の凹凸

 

といった生活において不可欠な情報が得られないなど、

健常者人たちだと

 

雪かき

ベビーカーが大変

冬の車の運転

 

先に例をあげた車椅子を利用してる生活している人たち、白杖を使っている視覚障害の人たちは声にだしてこれを言っていたりするわけですが、

 

よく「車いすは~」とか「杖だと~」みたいな言葉を聞くと思いますが、そこだけが切り取られがちですね 健常者の人たちでも

「この道が凍ってて危ない」

「除雪されてない」

と言ってるのが同じ温度差なんですね 気づきにくいですが

 

次に

 

雪道の話をメインにしてきましたが、ユニバーサル視点も見ていこうと思います。

深く掘り下げていきましょう

 

ユニバーサルデザイン(UD)の7原則

1、どんな人でも公平に使えること。(公平な利用)

 

2、使う上での柔軟性があること。(利用における柔軟性)

 

3,使い方が簡単で自明であること。(単純で直感的な利用)

 

4,必要な情報がすぐに分かること。(認知できる情報)

 

5,簡単なミスが危険につながらないこと。(うっかりミスの許容)

 

6,身体への過度な負担を必要としないこと。(少ない身体的な努力)

 

7,利用のための十分な大きさと空間が確保されていること。(接近や利用のためのサイズと空間

 

具体例

誰もが通ることのできる広い改札

 

ユニバーサルトイレ(多目的トイレ)の設置

 

スロープの設置や状況に応じてエスカレーター、エレベーターの設置

 

など、誰もがどこかで一度は見たことあるんではないでしょうか?

例では建物での施設利用に関してですが、雪道に当てはめて考えてみると4、6,7などはわかりやすいと思います。

 

必要な情報がすぐにわかること

点字ブロックなんかがいい例ですね

 

身体への過度な負担を必要としないこと

雪道のせいで普段の道でも歩き疲れるっていう会話したりしません?

 

利用のための十分な大きさと空間が確保されていること

雪道で空間(道)が狭くなってると考えるとわかりやすいかもしれません

 

といった感じで雪道もユニバーサル、ユニバーサルデザイン視点で見ることができると思います。

 

この記事をきっかけにしてユニバーサルデザインという大きなことではなく 小さなことでも気づけるきっかけになればいいと思います。

 

ユニバーサルデザインってなんだろうと考えた時、普段、生活していてここがこうだったらいいのになって思うところは「歩いて」も「車椅子」も「杖」もそれぞれに感じることなんですよね

 

今回は読んで、考えてみてほしい そんな記事でした。

 

この他にも 日常に役立つ情報など発信していくので、読んでくれると嬉しいです。

スポットウォーキングさっぽろ公式SNSはこちら↓

 

スポットウォーキングさっぽろ公式Instagram

 

オシャレに福祉を発信

 

(https://www.instagram.com/p/BqPd4EbHSLQ/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1n8awulgtabse)

 

スポットウォーキングさっぽろ公式LINE

 

誰にでも優しいウェルカムな飲食店情報、海やパーティーなどのイベント情報、等々お届けしますっ✨

是非登録してくださいねっ( ≧∀≦)ノ

 

(https://line.me/R/ti/p/%40ijp5514p)

 

 

スポットウォーキングさっぽろ公式Twitter

@spotwalking2012

https://twitter.com/spotwalking2012

 

次世代福祉スポットウォーキングさっぽろ & 就労支援事業所すぽっとのYouTubeチャンネル

 

福祉に関する事、イベント活動の様子などを発信していきます(^^♪

 

 

 

 

・次世代福祉スポットウォーキングさっぽろ

(https://www.youtube.com/channel/UCJq_boj3wdLEoXtJnshpMmg?view_as=subscriber)

・サブスポット

https://www.youtube.com/channel/UCn4I-6nc1QxpCJaSbXFpdMg/videos?view_as=subscriber

 

 

業界初!GPSで現在地から近い車椅子トイレが検索できる!!  【車イスで入れる美味しいお店】

 

(https://spotwalking.com)

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

一般社団法人   スポットウォーキングさっぽろ

 

北海道札幌市西区二十四軒2条5丁目4-1シンシア二十四軒2階

 

✴月額工賃4万円以上可能✴  [就労支援事業所すぽっと](就労継続支援事業B型)

 

TEL 011-676-5757   FAX 011-676-5798

 

MAIL info@spotwalking.com

 

★グルメサイトがリニューアル!!!多目的トイレGPS検索機能つき!   “車イスで入れる美味しいお店”

 

→ https://spotwalking.com ←

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

 

あなたのリアルな声を、ぜひお聞かせください。

「車いすでとあるお店に行くと、車いすという理由だけで入店拒否された…」「やっと見つけたユニバーサル対応トイレ、しかし先客が…しばらく待つとカップルが元気に出てきた…」

などといった切なく悲しい声。

「気になるお店が、しかし段差が…と思っているとスタッフさんが快くお手伝いしてくれた!」「最近車いすの友人が出来たんだけど、関わっていく内に勝手に抱いていたネガティブなイメージ吹っ飛んだ!普通に超楽しい!」

などといった元気の出るような嬉しい声。

当事者・友人知人・家族・ヘルパーさん。どんな目線でも構いません!
疑問、怒り、不満…あなたの声をぜひお聞かせください。

手順はカンタン!

1. 白枠の欄に入力を行い「確認する」をクリック(タップ)。

2. 問題なければ「書き込む」をクリック(タップ)。

※イタズラ防止のため、事務局側で確認の上掲載させていただきます。