毎年恒例の雪まつり!

活動報告

活動日時

2018年2月12日(日)

参加人数

16名

活動場所

さっぽろ雪まつり、ホテルニューオータニ

毎年恒例の雪まつり!

今年も、毎年恒例雪まつり参戦!!毎年、大通り6丁目にある「福祉ボランティアハウス」では車イスユーザーや体の不自由なお客様に対する雪道の補助や、杖などの補助具の貸し出しを行っています。美味しいものを食べたり、温かいものを飲んだり、雪像の前で記念撮影したり。。。雪まつりを堪能した後、福祉ボランティアハウスで一旦暖をとらせてもらいました^^  そこでバッタリ再会した大食いクイーンの「アンジェラ佐藤」さん!みんなと交流しつつ、一緒に記念撮影パシャリ!ブースでお肉を売るお仕事の合間にありがとうございました♪

福祉ボランティアハウスで休憩した後は、3月よりスポットウォーキングさっぽろとコラボビュッフェをしていただくホテルニューオオタニイン札幌さんの、「ランデブーラウンジ」へ!スタッフさんと交流しつつ、皆さんスイーツを堪能しておりました!3月のコラボビュッフェが楽しみ〜♪

 

スポットウォーキングさっぽろ×ホテルニューオオタニイン札幌
【心のバリアフリー応援ビュッフェ】が開催されました!

目の見えない方への対応、車イスユーザーへのスロープへの配慮、また盲導犬協会、ピンクリボン運動などとコラボビュッフェを行ってきたホテルニューオオタニイン札幌「ランデブーラウンジ」さんとスポットウォーキングさっぽろがコラボ!「心のバリアフリー応援ビュッフェ」を開催します!

3月1日〜3月31日まで、スポットウォーキングさっぽろオリジナルグッズ&車椅子ピアス等の福祉グッズ販売ブース、気づきのきっかけポスター、フリーペーパー配布等がビュッフェ期間中行われ、お客様の来場者数に応じてスポットウォーキングさっぽろに寄付していただきます!

3月のビュッフェに向けて、スポットウォーキングさっぽろより5名の車椅子ユーザーさんと、ホテルスタッフの方とで簡単に講座と意見交換会を開催させていただきました!「観光介助士」の資格を持つホテルスタッフの方も3名いらっしゃって、とても充実した時間を過ごすことができました!

体の不自由な方、といえど症状や病気など、その方一人ひとりによって大きく対応は変わってきます。一番大切な「何かあったらひとこと声かけやすい、という環境を整えていただくこと。」そして「配慮しようしようと過度に声をかけてきたりジロジロ見てくるときになって食事を楽しめない」という車椅子ユーザーさんからの声を真剣に聞くスタッフの方たち。

 

 

あなたのリアルな声を、ぜひお聞かせください。

「車いすでとあるお店に行くと、車いすという理由だけで入店拒否された…」「やっと見つけたユニバーサル対応トイレ、しかし先客が…しばらく待つとカップルが元気に出てきた…」

などといった切なく悲しい声。

「気になるお店が、しかし段差が…と思っているとスタッフさんが快くお手伝いしてくれた!」「最近車いすの友人が出来たんだけど、関わっていく内に勝手に抱いていたネガティブなイメージ吹っ飛んだ!普通に超楽しい!」

などといった元気の出るような嬉しい声。

当事者・友人知人・家族・ヘルパーさん。どんな目線でも構いません!
疑問、怒り、不満…あなたの声をぜひお聞かせください。

手順はカンタン!

1. 白枠の欄に入力を行い「確認する」をクリック(タップ)。

2. 問題なければ「書き込む」をクリック(タップ)。

※イタズラ防止のため、事務局側で確認の上掲載させていただきます。