ブログ

アナタの視野を広げてくれる!【KIZUKIハンティング】投稿日 2015年3月9日

ソーシャルワーク研究塾「エスケン」

×

スポットウォーキングさっぽろ

コラボレーション企画!

【KIZUKIハンティング】が開催されました!!!!!

KIZUKIハンティングとは・・・・。

王から次々と出される暗号を解き、札幌の街中でミッションをクリアしながらゴールを目指す!

車いすユーザー、普段福祉にかかわらない人や社会に出る前の学生さんが協力してミッションをこなしていく中で、町の不便さ、新たな発見に「気づける」!そんなゲーム形式のイベントこそ!KIZUKIハンティング!!

今回王の指令に挑戦する勇者は、このメンバーだ!!

20150309192413426

車いすユーザー2名、福祉従事者、学生さんのチーム!!

20150309192610031

車椅子ユーザー2名に会社員さん、学生さん!

この2チーム計8名!
スポットウォーキングさっぽろ の活動で活躍している車椅子ユーザー4名に学生に社会人の皆さん!
そして難解なミッションを出してくるのは。。。

この柄の悪いのがソーシャルワーク研究塾の塾長である、王!!
そしてとなりのチャラそうな王の付き人である!!!
指令を出すため、王とLINE交換、そしてミッションに必要な500ゴールド(500円w)が支給される!!

さっぽろ駅を出発した勇者たちに出されたひとつ目の指令は。。。これだっ!
カーテンの奥は、小さな小部屋。
鏡には、そこに立ち入ったものの瞳が美しく輝く。
乾いた音とともに瞬く閃光。
目や鼻を、おぞましく変えるその術は、神の領域である。
勇者よ、恐れず小部屋に入りなさい。
勇気ある者のみに、友とのひと時が記録されるであろう。

この記事をご覧の皆さんは、お分かりいただけただろうか?
そう。。。。。
目や鼻をおぞましく変える。。。。
プリクラ(´・ω・`)
ものの30分で両チームからLINEで報告。。。王、ちょっと焦るwwwww

こっそりあとをつけていた王と付き人も。。。
ここでのKIZUKI
車椅子に乗ってプリクラを取りに行ったことが、皆さんはあるだろうか?
想像したことすら、ない人も多いのでは??

狭いけどなんとか。。。(^^;
入り口が狭くて車椅子自体入らない機種だってたくさん!

声かけてくれる人もいた。
まわりのお客さんも[フツーにプリクラ撮りに行くよ]というニーズに[気づいて]くれたでしょう!

次のミッションは、、、、、

難攻不落の高い壁が立ちはだかる。
両の車輪は身動きできず、為す術がない。
乗り越えるのは不可能かと思われた中に射す、一筋の光。
光に吸い込まれるかのように前に進み、両の車輪を止めると、
地面が大きく持ち上がり、壁をみるみる越えていく。
勇者よ、壁を越えるその様を、動く写真で刻むのだ。
そして電子の手紙でその様を報告せよ。

これは苦戦。
何度かヒントを出し、
勇者たちはたどり着いた!!
そう。。。。
階段昇降機!!
へっ(´・ω・`)?
そんなのどこにあんの?
と、思うかもしれない。
各チーム、東急百貨店地下、ピヴォの地下に発見し、電子の手紙で動く写真を送ってくれた。
ここでのKIZUKI
「動いてるとこ初めて見た!」
「そもそもあれって階段昇降機なんだー!」
「こんな便利なものがあれば車椅子でも階段を越えられるんだね!」
といった声のと同時に実際に利用した車椅子ユーザーからは、
「 チンチロチンチロ鳴って目立つからなぁ。。。 」
「 階段幅とるし、
嫌そうな顔してるお客もいたし。。。 」「結局係員が来るまで時間かかるから他から回った方が早い」
「自由に使えるもんじゃないからめんどいんだよね(笑)」
という、声も。。。!
次の指令を出す前に、トラブル発生!!!
車椅子トイレを探し、王に写真で報告せよとメッセージを流したが。。。
王の指令を無視して、カフェタイムを楽しみ出す勇者たちwwwwwwwww

交流を深め、チーム力を養う。
いいでしょう! ぇ笑
両チームを見失い、歩き疲れた王は腰が痛いとの事。すすきのマックで静養中の王(笑)

なんやかんやで次のミッションへ。。。。

王は求めている。
空腹に耐えながら、ただ静かに、それを求めている。
王は想像する。口のなかに広がる甘美を。
それはまるで、柔らかな寝具を絹のようにしなやかな雲が覆っているようだ。
王は夢の中で、その食べ物を歓喜とともにほおばる。
王は夢から覚め、再びその食べ物を求めている。

そう。
実はスイーツ男子の王に甘いものを!
こちらはすぐに解決(´・ω・`)
スイーツの写真を送り終えた勇者たちに、ゴール地点の地図を送信。
すすきのにあるダイニングバー。

王にスイーツを献上し、

ここで、それぞれの立場で感じたことを共有し合う。

からの、交流会\(^o^)/

みんなのKIZUKI
●パチンコ屋に車椅子トイレあるなんてびっくり!
●昇降機で地下街から進めすけど、東急百貨店行くには階段があった。いけないんだ!笑
●ESTAエレベーター。「我先に我先に」で、割り込んでどんどん乗られちゃう。譲りの精神は感じられなかった。
車椅子トイレも、若者が使っていたり出てきて車椅子ユーザーと目が合うとよそよそしく去っていったり。。。
エレベーター、多目的トイレしかり【それしか選択肢が無い人がいる事実】をもっともっと広く市民が当たり前の事として知っているべきである。
●車椅子で取れるプリクラ、全身プリだと良かった。アッププリだと、頭しか写らない(泣)
●プリクラ会社へアピールしたらいいのでは?!
●機種を改造することはできないが、全身プリだと車椅子のしたまで写るので良い、ということ、落書きコーナーに固定椅子があると車椅子が入らない。目線が届かない。
?をふまえた上で、[車椅子でも楽しみやすい機種]を貼り紙などで提示する事で助かるんです!
●さっぽろ駅のホクレンビルで飲食店に入ろうとしたら、エレベーターとドアが[土日祝日封鎖]されてた。

そこに行くには、外から階段を降りるしかない+_+
●プリクラの落書きって、立ってる人目線なんだなーと思った。動かせない椅子の機種もある。タブレットでもついてればいいのにな!
●生まれて初めて車椅子を押したが、さっぽろ駅からチカホに入った瞬間、微妙な上り坂だということに気づいた!
●段差のあるお店でも、店員さんが手伝ってくれて気持ちよく食事ができた♪

●過去に押しましょうか?と言ったことがあるが、断られた。
↑↑
●当事者としては、手伝いましょうか?の声は、嬉しい。悪気があって断る人は少ない。べつに断られても凹むことじゃないから声かけて(^ー^)!
以上、新たな試みでしたが、
参加者に、KIZUKIを。
それを見た街の人に、KIZUKIを。
live中継でFacebookページにアップしたものを見た人に、KIZUKIを。

KIZUKIハンティング は、また帰ってきます。
次回はもっともっと!バラエティー豊かな企画になり、楽しく、街づくりに必要なKIZUKIを広められればいいなと思います(´・ω・`)
スポットウォーキングさっぽろ は、毎月第2日曜日に様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!
参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ□■□■□
■ 札幌市中央区北4条西7丁目5緑苑木下ビル2階 安西公則行政書士事務所 内
■090-5984-9133 事務局ひらま
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

2014年10回!スポットウォーキング!!投稿日 2015年2月22日

こんにちは!スポットウォーキングさっぽろです!
今回のスポットウォーキングは
地下でも行けるところを探検してきました!
いろんな発見がたくさんありました(*´??`?)?
今回は参加していただいた方が多かったので、
二つのグループに別れてご飯を食べることも…♪
ではでは・・・・
2014年第10回!スポットウォーキング!
●とき:2014年
●メンバー
平間栄一 20代男性(事務局)
・佐藤成二 20代男性(事務局・車椅子ユーザー)
千葉絵里菜 20代女性(事務局・車椅子ユーザー)
・Oさん 10代女性(大学生・車椅子ユーザー)
・Kさん 20代男性(大学生・車椅子ユーザー)
・Oさん 30代男性(車椅子ユーザー)
・Nさん 20代男性(福祉従事者)
・Mさん 20代女性(会社員)
・Mさん 30代女性(教諭)
・Tさん 20代男性 (福祉従業者)
・Nさん 20代女性(主婦)
●当日の動き

・11:30~ ラフィラにて集合したのち、自己紹介を\(^^)
・12:00~ PARCOにて人数が多かったため、二つのグループに別れてご飯に行きました(*´∀`)
・13:00~ 地下を通り大通りからバスターミナルまで行きながらトイレ休憩∥WC∥ヽ(・o・)。。。
・14:30~ 札幌ファクトリーを探索したのち、アトリウムでアイドルを横目に今回の活動の反省やまとめをしました。
・16:00~ アトリウムにて、解散
●それぞれスポットの発見
(ここでは行った場所(スポット)の詳細、そこであがった声を発信します♪)

今回のテーマが冬道でも安全に行ける地下で歩いてみようでした。
みなさんは地下鉄の札幌駅からバスセンター前まで行けるというのを知っていますか??
私も今回の活動を通して初めて知りました!!
健常の方はバスセンター前まで地下を通っていける!!
だがしかしそこには障害物、そう、階段があります。
車椅子ユーザーでも地下を通って行ける行き方がありました。

●スポット①YOSHIMI KITCHEN 札幌PARCO店
おしゃれでゴージャスな店内!!!!!!

お料理も素敵です♪

語ってる平間事務局長(´ε` )

●スポット②ラメゾンドカリークゥー 札幌PARCO店
入口もスイスイ入れそうですね(//∇//)(//∇//)

スープカリー♪

●スポット③
大通りからバスセンター前までの地下への道のり♪
出発進行です(*´`)

オーロラタウンからエレベーターを何本か乗り継ぎ…♪

改札です!
いつもはバスセンター前まで歩いていきたいのですが!?というと通してくれたのですが
駅員によって、親切にしてくれる人と、冷たくあしらわれてしまう人がいるのも悲しい事実(^^;

そして改札を超えて
500m美術館へー!
大人はみな子供に戻ったようにすごくはしゃいでました(o^∀^o)

バスセンター前に到着!
バスセンター前駅から札幌ファクトリーまでは
歩いていきました!!!

●スポット④
そしてファクトリーへ\(^^)/
いろいろ見てからアトリウムで反省をしました!!
ファクトリーにあるアイスクリーム屋さん。

こうやって作るんだ!


トイレもアトリウムに完備されてるから便利!

集合写真(*´`)

~参加した皆さんの声~
ファクトリーから大通りまで歩いて行けるんだ!!!
駅員のあたりはずれ
駅員の対応が全く違う
500m美術館のところ寒かった 夏は??
都市間バスへのエレベーター
初めて参加した人の体験
今日のお店の対応
電動車椅子の座る机
駅員が!!!???
500m美術館への行きかた
それ以外のどこかへの行き方を知りたい
まとめサイト
カレースープ
アルバイト???正社員???
対応が違った
活動→趣味??になっていけばいいべ!!!!
発信をうまくしていく
真面目じゃなくてラフにする活動へ
地下通れるのは知らなかった
知らなかったら不利益になることも
みんなが利益を得らない
まとめ
駅員がそこの行き方しかないといったら
そこしかない
この駅員にます はだめ!!!!
としたら選ぶ手段がなくなる
ファクトリーまで繋げて!!
ゆるくゆるく活動していこうよーーー
子供も大人も分かり得る!!!!!!
まとめ!
コアなところはコアな人しか知らない!!
そういった人に教えてもらって世界が広がる。
みんな巻き込んでみんなでラフに活動していこう!!
スポットウォーキングさっぽろ は、毎月第2日曜日に様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!
参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ□■□■□
■ 札幌市中央区北4条西7丁目5緑苑木下ビル2階 安西公則行政書士事務所 内
■090-5984-9133 事務局ひらま
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

2014年第9回!スポットウォーキング活動!投稿日 2015年2月17日

2014年度9回目!スッポトウォーキング!!
今回はぶらっとお出かけ感覚でウォーキングしてきました。
北海道といえば雪・・・。
ザクザクダンダン雪道を体験してきましたー!
*とき*2014年12月22日
*メンバー*
平間栄一(事務局)、高校教師、福祉従業者など、当日は総勢9名(うち車椅子ユーザー2名)での活動となりました!
*当日の流れ*
・ステラダイニングのビストロcoborahettaという店で食事(パン食べ放題つきランチ)自己紹介

・東急百貨店の催事場でデコレーション杖、車椅子ピアスなどを見て記念撮影

・外と地下歩行空間歩いてすすきのラフィラ8階にある 白ヤギ珈琲店で振り返り、パンケーキと珈琲を楽しました(*´`)
*それぞれのスポットの発見*
*スポット①*ビストロ CoboraHetta
スロープを常備!お店の人に言えばすぐ横にしまってあるので用意してくれます(´・ω・`)♪

ご飯も美味しそうv(・ε・v)

みんなで自己紹介をして記念撮影へ!
みんないい顔していますね(*´`)

*スポット②*
「エムブイピークリエイティブジャパン㈱」
【ホームページ】
の大海恵聖代表が東急百貨店で催事を行っているということで車椅子や杖のピアス、デコレーション杖を拝見しにGOGO(*´`)

美しく映られてますねー♪

ファッションから福祉にというのはとてもいいことでデコレーション杖や可愛い車椅子、杖のピアスをして出ていくということはお出かけするきっかけになるということですねv(・ε・v)

こういった可愛いツールで、福祉に対するイメージのハードルが少しずつ下がっていくといいですね(´・ω・`)♪
そして最後にこの出会いに感謝してみんなで記念撮影をしました!!

*スポット③*白ヤギ珈琲 すすきのラフィラ店
車椅子で往復できちゃうようなスペースです!

美味しそうなパンケーキ(∩´∀`∩)

最後にはー?
写真撮影!!

*参加したみなさんの感想*
・ビストロコバラヘッタのスロープ、あったのはいいけど、ちょっと不安定。リスクに関して、店員がわかっていたり介助もできれば付き添いがいなくても安心。
・「なんのためのバリアフリーなのか」がわからない人がいるので、市民一人ひとりが具体的にバリアフリーやユニバーサルデザインの事をイメージできるよう教育のなかに福祉を組み込むことごいいのかなと感じる。
・ニーズに気づいてもらうためには、どんどん出るしかない。
・みんながこうやって楽しんでいる情報出すことで、いろんな気づきになる。
・基準満たせばオーケー。ではなく当事者が実際に使うとどうか、と言うイメージがなかなかわかないのが一般のイメージではないか。
・ハードはもちろんだが、気持ち、ソフトが変わっていかなければいけない!
・次の世代の意識が変わっていったら。。。!
・催事場にある[福祉を可愛くする]のフレーズが素敵だった→杖、車椅子。地味で、高齢者が使うもの。のイメージを変えていこう!
・車椅子、がアクセサリーなどで[カメラ、や音符、犬、猫、、、、]などの選択肢のひとつでおしゃれであったら、、、、!車椅子、福祉に対しての気持ちのハードルが下がるのでは?
・いろんな目線があるな、と感じた。
・楽しかった!
・ちょっとした坂、段が致命傷
とっさの時に困るひとがでてくる。とはじめてわかった。
・高齢化も進む、当事者も都市に集中するなかで、車椅子2台入るエレベータの広さがあってのいいのでは?
・当事者が利用者、ではなくサービス提供側や街作りをしていく側に回っていくのも、社会を変えていくひとつの大切なことだ。
・政治の壁があるが、そのまえの壁を変えていくことはできる。声をあげる、活動を広く市民にしってもらう。。などのその積み重ねが大切。
・スロープ出してくれるお店もある。言わなきゃ出してくれないのではなく、張り紙などで提示してくれているだけで、すっごい便利になる。
・雪。にもかかわらず、、、、エレベーター工事は夏に。。。
・地下鉄の駅。予約して介助依頼すると、決められた動きしかできないんだ。
*まとめ*
障害なんてみんな関係なく街に出て行ける世の中をファッションや食べることで作って行くことによっていい街いい人にでていけるのだと再確認しました(^O^)/
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ□■□■□
■ 札幌市中央区北4条西7丁目5緑苑木下ビル2階 安西公則行政書士事務所 内
■090-5984-9133 事務局ひらま
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

2014!第1回!スポットウォーキングナイト!投稿日 2014年11月30日

2014!第1回!スポットウォーキングナイト!
記事が遅れてごめんなさい。・°°・(>_<)・°°・。
いつもは喫茶店や飲食店を中心に活動しています。スポットウォーキングですが
今回は初めての試み、夜のお店を紹介・・・その名も・・・・
「スポットウォーキングナイト」!!
開催です!!
車椅子の人でも安心して楽しめる夜のお店・・・!
からだが不自由だという理由で、すすきのをエンジョイできない理由は、どこにもありません。
ではでは。。。(^ー^)!!
*とき*2014年11月29日
*メンバー*
平間栄一(事務局)、佐藤成二 (事務局・車椅子ユーザー)、事業主、メディア関連、福祉従業者など、当日は総勢9名(うち車椅子ユーザー4名)での活動となりました!
当日の流れ
●17:00~ 乾杯
スポットウォーキングの打ち合わせ等でいつもお世話になっている、「沖縄南国系居酒屋 Nagi」で乾杯、美味しい沖縄料理と美味しい沖縄のお酒を楽しみながら自己紹介!情報交換!「すすきのニュース」取締役の細川さんが取材に来てくれました!!ありがとうございます!!
●19:00~2つめのお店へ移動

地下鉄トイレ寄る人は寄って、札幌すすきのニューハーフショークラブ「LaLaToo(ららつー)」 へ。
●19:40~ららつー!
普段から車いす利用客が多いららつーでは、車椅子トイレが完備されてます!
細かい段差も手慣れた店員さんが手伝って席まで案内してくれます!これで安心してお酒を楽しみながらすすきの随一のショーが見れます!
お店を出て当日を振り返り、それぞれお酒を体に残しつつ解散!!お疲れ様でした!!
*それぞれスポットの発見*
初めての試みということでドキドキワクワク(*´`*)

スポット①
沖縄南国系居酒屋 Nagi
本ブログ紹介ページ
馴染みやすいマスターに店長のお姉さん!
そして入り口がフラットで車椅子でも入りやすい
車椅子の常連さんがちらほらいるようです(^ー^)

ご飯も美味しい(*´`)
本格派沖縄料理を堪能(´・ω・`)♪

スポット②
札幌すすきのニューハーフショークラブ「LaLaToo(ららつー)」
札幌市中央区南5条西2丁目 サイバーシティビル5F

ニューハーフのお店ららつー。二人ともお美しいですね(o^∀^o)
車椅子トイレがあるので(写真上)トイレだけの利用も可能!受付で申し出てください♪
ショーのクオリティーは芸能人、プロ野球選手が、リピーターになるほどのお墨付き!倖田來未ちゃんや、ゆずのお二人に会えるかも!笑

まばたきするのさえ勿体ない夢の時間を!!!
●まとめ
・福祉業界以外の人が”ニーズ、不利益に気づく”ことの重要さを改めて感じることができました(^^)!
そのためにも、
「当事者がどんどん街に出る」
「当事者だけが気づく不利益をカタチにして発信する」
事がとても重要
だと感じています。
このように
①参加者同士での気付きがある。その気付きを私生活やそれぞれの職場に持ち帰ることで、今までよりちょっと広い視野で物事が見れる!→誰もが使いやすいものに少しずつ近づいていく!
②どんどん外に出ることで、ニーズがあるんだ、当たり前に街にいる人なんだ、という当たり前の意識を広められる!
③飲食店を利用、活動の趣旨を簡単に説明することでお店の人にニーズに気づいてもらえる→気持ちが変わったり小さなことに気づけたりする。
なにより、
④楽しい!
普段の車椅子生活での不便さを共有して「そうそう!でも自分はこうしてるよ!」などの意見交換ができたり車椅子に触れたことがないひとが「へぇ~気づかなかったそーだよね~」等の話がなにより、楽しい(^ー^)♪♪
スポットウォーキングさっぽろ は、毎月第2日曜日に様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!
参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ□■□■□
■ 札幌市中央区北4条西7丁目5緑苑木下ビル2階 安西公則行政書士事務所 内
■090-5984-9133 事務局ひらま
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

2014年第8回!スポットウォーキング!投稿日 2014年11月20日

こんにちは!スポットウォーキングさっぽろです!
今回は、女子会というていうことで
女子女子してきました!
その詳細の活動内容は
ではでは・・・・
2014年第8回!スポットウォーキング!
●とき:2014年11月9日
●メンバー
平間栄一 20代男性(事務局)
・佐藤成二 20代男性(事務局・車椅子ユーザー)
千葉絵里菜 10代女性(事務局・車椅子ユーザー)
・Mさん 20代男性(事業主・車椅子ユーザー)
・Oさん 30代男性(当事者団体・車椅子ユーザー)
・Yさん(自営業・車椅子ユーザー)
・Mさん 30代女性(高校教諭)
・Mさん 20代女性(主婦)
・Yさん 30代女性(福祉自営業事務)
●当日の流れ
・10:30~ MISUZU CAFE 自己紹介
・11:45~ みんなで地下鉄に乗ってみよう!
・14:00~ オールデイダイニング verde にて、スイーツビュッフェ!
まとめ
●それぞれスポットの発見
(ここでは行った場所(スポット)の詳細、そこであがった声を発信します♪)
今回のテーマは女子会ということでたくさん楽しんできました~(*´。・ω・。`*)
きゃきゃうふふしてきました?

●スポット① MISUZU Cafe

詳しいバリアフリー情報はこちら
車椅子もしっかり入ります

Mさんの素敵な笑顔+美味しそうなカルボナーラ

記念撮影(´ε` )

スポット② 地下鉄
東豊線さっぽろ駅から
東豊線豊水すすき駅までの移動でした!

スロープも出してくれてありがたい

地下鉄は快適に使うことができます。
ですが車椅子用の改札はひとつしかないところの方が不便に感じてるところがあります。
このように

普通の人をまたせてしまうこともあります。
ご了承を
スポット③ オールダイニング verde(ヴェルテ)
豊水すすきの駅から徒歩5分、 ANAホリデイ・イン札幌すすきのの一階にあるスイーツビュッフェへいってきました(´艸`)
ホテルなので車椅子トイレも完備してます(´・ω・`)
最初の入口は、3センチほどの段差気味。

美味しそうなデザートばかりで(´艸`)うは

恋愛や日頃の話、女子トークに花が咲いて楽しいひとときを過ごしました!!
~参加したみなさんの感想~
ナナメ歩きしてる人がいると、車椅子でぶつかるので怖い。
車椅子四人だと、1つしかない車椅子トイレの時や、エレベーターは、全員乗れないので大変。
女子会も、夜の店もやりたい!
女子会トーク盛り上がり、楽しかった。 普通に楽しかった。有意義。そこに車椅子、健常者も何もなかった。
イベント!というかしこまった感じでなく、気軽に集まれるこの環境がとてもいいなと感じた。
ニーズに気づいてもらうためにも、どんどん外に出るべきだと思った。
スポットウォーキングさっぽろ は、毎月第2日曜日に様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!
参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ□■□■□
■ 中央区北4条西7丁目5緑苑木下ビル2階 安西公則行政書士事務所内
■090-5984-9133 事務局ひらま
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

第7回!スポットウォーキング活動inおたる!!投稿日 2014年11月9日

こんにちは!スポットウォーキングさっぽろです!
今回は、小樽ソーシャルワーカー連絡協議会 そある 森山会長の熱いオファーをいただき!
当事者の声を形にしていく活動を是非、観光地小樽で(^ー^)とお話しいただきました!
小樽観光協会 より永岡さまをお迎えして!!
平間栄一(事務局)、佐藤成二 (事務局・車椅子ユーザー)、事業主、メディア関連、福祉従業者など、当日は総勢9名(うち車椅子ユーザー2名)での活動となりました!
ではでは・・・・
2014年第7回!スポットウォーキング!

●とき:2014年10月12日(日)

●当日の動き

・10:50~札幌駅集合、駅員に車椅子乗車、介助依頼。
・11:14~札幌出発。
・12:00~小樽駅到着。現地メンバー合流。挨拶、自己紹介。
・12:30~小樽倉庫No.1 にて昼食、意見交換、雑談。
・14:00~小樽観光。
・16:00~小樽駅前ファミレスにてドリンクタイム。振り返りと感想発表。
・17:30~解散、札幌へ向かう。
●それぞれスポットの発見
(ここでは行った場所(スポット)の詳細、そこであがった声を発信します♪)

●スポット①JR札幌駅
・時間前についたので、早めに切符を購入。「ふくし」ボタンがないので窓口に聞くと、「こども」ボタンで買って欲しいとのこと!

・券売機は新しく、車椅子でも使いやすいよう、足元に配慮された作りに!

・窓口で行き先をお伝えすると、「○時○○分で行けますね!発車の10分くらい前にこちらでお待ちください」と親切に対応。

・発車の10分くらい前に乗り場まで案内してくれます。

・スロープを出して、駅員対応。

・車イス席、二人ではちょっと狭いのか(‘_’?)

・車椅子で入れる少し広めのトイレも ちょっと近い(^-^;

・降りるときは、駅員さんがスロープを持って待っていてくれます。

●スポット②JR小樽駅
・小樽チームと合流。ランプが素敵。雰囲気出してます。

・JR小樽駅にはエレベータがないので、エスカレータにて!駅員さんを呼ぶと、車椅子モードに切り替えて対応してくれます。

・改札を通ったら、トイレを済ませて自己紹介。まずは記念にパシャリ!

●スポット③小樽駅~運河沿い
・天気にも恵まれ散歩日和!雑談をしながら飲食店に向け散策(^ー^)道路は整備されていますが、街全体が坂だらけなので車椅子では注意が必要!

・北海道で初めて設置された線路!ここからすべてが始まった。。。(´・ω・`)!

か、影が。。。(笑)

・坂が多い街に作られた建物は、どうしても地面がナナメなので入り口に階段があるパターンが多いとのこと。。。

・でもでも、楽しめるところはたくさんあります

・赤レンガの建物を抜けて、たどり着いたのは。。。

●スポット④小樽倉庫No.1
・段差のないフラットな入口

・お店全体がレンガ造り、ビール工場のようで、雰囲気たっぷり(^ー^)!!

・小樽ビールと、小樽ノンアルコールビールでで乾杯を !

・料理も美味しく頂きました!


店舗の詳しいバリアフリー情報はこちら!!

・一行が向かったのは、観光名所、「北のアイスクリーム屋さん」!

・メニューの豊富さ??

・12種類のアイスを堪能(´・ω・`)

・続いて小樽の町並みを観光

・やっぱり、階段。。。

・アーケート街発見!

・中は、いわゆるシャッター街状態。てなんと募集の店舗がいくつもありました

・ゴムの会社の、、、オブジェ(笑)

・あまとうの肉まんを楽しみ、そろそろ振り返りのカフェへ向かいますか(´・ω・`)

・小樽の街並みを観ながら、駅前のカフェへ向かう。。。やはり、坂。坂。そして、坂。坂が多いので、電動車椅子の人はバッテリーの残量に気を付けましょう(笑)

このように、キッチリ行き場所や時間など決めず、大まかな流れは決めるもののその時の皆さんの気分で、あくまでも″何気ないいつもの休日、外出″のなかから自然と上がった声やぶらり立ち寄ったところの情報を形にしていく、ラフな!ゆるーーい感じを、コンセプトにしています。
もうちょっと回りたかったかも。。。でも、楽しかった。。。じゃ、次もやりましょう!小樽で!と参加者の声もありました!

~参加した皆さんの声~
・ 歩道が石造りでボコボコ。 坂の途中に建物をたててるから階段作りが多い。ので車椅子には厳しいなと感じた。
そういった建物だとしても、小樽の文化を感じたい、観光を楽しみたい、という思いは障害を持ってようと怪我や病気で車椅子生活をしていようと、変わらないんですね

入り口に簡易的なボタンを設置してスタッフが車椅子を持ち上げてくれたり簡易スロープを出してくれるなどの対応があってもいいと思った。
観光案内の数箇所に貸し出しのスロープがあってもいいのかなと感じだ。
・小樽駅、エレベーターがあってもいいのでは。。。→ スペースはできている。改築三年間から。しかし、いろんな組織が絡んでいるのでなかなか話が進まず、滞っているとのこと。
・小樽市に車椅子ユーザーがどのくらい居るか、年間、何人の車椅子ユーザー観光客がいるか、の調査等があれば、ニーズがどれくらいあるのかの指標になるのであってもいいと思う。
・楽しかった。道幅をとりすぎちゃってたかも。。次回も是非参加したい!
・トイレひとつにしても、数が少ない。車椅子となると更に少なくなる。
観光地ではあるが、受け入れる体制としての街の取り組みは弱い現状がある。
必要だ、という声があがってはじめて、動きやすい。生の声が必要。

・小樽に、車椅子ユーザーがこんなにもいないことに驚いた。。
・エスカレーター、こんなモードがあるんだと思った。
・トイレ行きたい、と思ったらすぐ行けるものではないんだ。
街の不便なところを否定するだけじゃなく、出来てるところを推していくことが大切だなと感じた。
・車椅子だとどうなんだろう?と、気になるようになった。←コレ大切!!!
・札幌同じように観光地なのに、エレベーターないことにびっくり。
→駅に関しては、jr北海道だけではなく、いろんな組織が関わっているので、なかなか進まない。
・車椅子で走ったが、歩道がボコボコ。夜暗かったら危ない。工事できないんだったら、注意書等あったらいいのに。。。。
・車椅子ユーザーが街に出てないことにびっくり。もっと出て、街全体にニーズがあることに気づいてもらう必要がある!。当事者観光客の声と、同時に市民からも声をあげていくべき。。。。

・当事者が外にでるための、、、魅力的なイベントをバンバン打っていくのがいいのでは?
・市民は声をあげたい。。行政は声を拾いたい。。うまいこと、声を拾える仕組みを町中に用意し、その事自体を積極的に発信していく事が大切では?
・観光船等、どんどんやってきたい。車椅子でも楽しめる可能性、をいろんな人に見せていきたい。
まとめ!
・福祉業界以外の人が”ニーズ、不利益に気づく”ことの重要さを改めて感じることができました(^^)!
そのためにも、
「当事者がどんどん街に出る」
「当事者だけが気づく不利益をカタチにして発信する」
事がとても重要
だと感じています。
このように
①参加者同士での気付きがある。その気付きを私生活やそれぞれの職場に持ち帰ることで、今までよりちょっと広い視野で物事が見れる!→誰もが使いやすいものに少しずつ近づいていく!
②ポラリスなどの資源利用など、中規模でまとまって行動することで道行く人に、「車椅子の人の利用って結構あるんだ」などニーズに気づいてもらえる。
③飲食店を利用、活動の趣旨を簡単に説明することでお店の人にニーズに気づいてもらえる→気持ちが変わったり小さなことに気づけたりする。
なにより、
④楽しい!
普段の車椅子生活での不便さを共有して「そうそう!でも自分はこうしてるよ!」などの意見交換ができたり車椅子に触れたことがないひとが「へぇ~気づかなかったそーだよね~」等の話がなにより、楽しい(^ー^)♪♪
スポットウォーキングさっぽろ は、毎月第2日曜日に様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!
参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ
■札幌市中央区北4条西7丁目5緑苑木下ビル2階 安西行政書士事務所内
■090-5984-9133 事務局ひらま
■spotwalking@gmail.com
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

ご報告投稿日 2014年11月4日

週末に行われた、ウォーリーウォーク支援先公開プレゼンコンペにスポットウォーキングさっぽろ から、事務局の佐藤と平間、エントリーさせていただき、活動の趣旨説明、現在進めているフリーペーパー作成についてプレゼンさせていただきました!

5組エントリーの中から、観覧者の皆様のあたたかい票をいただき、ウォーリーウォークチャリティー金5万円をいただくことが決定致しました!!!
この5万円は、車椅子の利用客がいる事が大前提の!
楽しみの選択肢が増えるような!
バリアフリー情報に特化した飲食店情報フリー冊子の作成費にさせていただきます!
参加者の皆様、日頃から応援していただいている皆様に大感謝しながら、今後の活動をしっかりとして参りますので、今後ともスポットウォーキングさっぽろを、よろしくお願い致します!!


スポットウォーキングさっぽろ

2014年第6回目!スポットウォーキング!投稿日 2014年10月14日

こんにちは!スポットウォーキングさっぽろです!
今回のスポットウォーキングでは新しくできた赤レンガテラスやオータムフェストやのんびーりウォーキングしてきました(*≧∀≦*)
その詳細の活動内容は(??>?<?)。??
ではでは・・・・
2014年第6回!スポットウォーキング!
●とき:2014年9月14日
●メンバー
平間栄一 20代男性(事務局)
・佐藤成二 20代男性(事務局・車椅子ユーザー)
千葉絵里菜 10代女性(事務局・車椅子ユーザー)
・Mさん 20代男性(事業主・車椅子ユーザー)
・Oさん 10代女性(学生・車椅子ユーザー)
・Oさん 30代男性(当事者団体・車椅子ユーザー)
・Nさん 20代男性(福祉従事者)
・Uさん 30代男性(高校教諭)
・Nさん 20代男性(高等養護学校寄宿舎指導員)
・Mさん 20代女性(主婦)
●当日の動き

・11:30~          自己紹介
Brooklyn Parlor 2F
赤レンガテラス
・12:30~ オータムフェスト 大通り ぶらぶら( *´艸`)
・14:00~ プラモや銃が売っているお店へ

・15:00~ 4pula
CAFE NAMBAN カフェナンバンにてまとめ(*^-^*)
●それぞれスポットの発見
(ここでは行った場所(スポット)の詳細、そこであがった声を発信します♪)
新しくオープンした赤レンガテラスの前ではオータムフェストに関連してなのかお祭りが行われていました。
fc2blog_20141015185706114.jpg

fc2blog_20141015190141253.jpg

●スポット① Brooklyn Parlor 2回 赤レンガテラス
車椅子でもすんなり入れる机の高さ( *´艸`)
fc2blog_20141015190454b11.jpg

ご飯も素敵?
fc2blog_20141015191108bf7.jpg

ハンバーガー!大きくてびっくりしてる!
fc2blog_20141015191302133.jpg

このお店は本や音楽をモチーフにしています(^^)/
fc2blog_20141015190707dd6.jpg

fc2blog_20141015190832096.jpg

詳細はこちら
こちら
トイレも広々としていて使いやすかったです。
・・・・が、その日は日曜日混んでいました(´・ω・`)
fc2blog_20141015191816672.jpg

最後に新しくできた赤レンガテラスの展望できるところへ~~~(^^♪

次はオータムフェストに向かう道にて
赤レンガテラスの前でお祭りを発見。
有名な歌手??が来てたのですが残念ながら見れず|ω・`)
●スポット② 大通公園のオータムフェスト
ビールの飲み比べ(??ω??)
みんなビールのが好きみたい。

なんじゃこりゃスポット発見!
もしかしたら車椅子の人に関わらず
危険なスポット!
道せまっ!

●スポット③
男心をくすぐるガンプラや銃を売っているお店へ行ってきました。

入り口は若干狭いが入れます(^O^)/
通路もいい感じに!ほらね?

女の子も真剣になってしまうV(^_^)V

●スポット④
最後は4プラにあるお店へGo~!
4プラの玄関には少しこういう段差があります↓

少しばかり危険ですねー!
最後にみんなでハイチーズ?

~参加したみなさん声~
スタバあるじゃん、と思ったら段があったり。。。普段気にならない段差も、車椅子だと以外にはいれる店はいれない店がわからないもんだと感じた。
アカレンガテラス、人多かったら車イスからじゃ前が見えない。広場のバンド演奏も、最初から誘導とかの配慮があれば。。。
意外に、結構車椅子集団見られるんだなって感じた。
4プラ入口、段差解消するのにそんなお金かからないのでは。。。
どんどん街にでていくことが、ニーズに気づいてもらうことなので大事。
車椅子だと目線が低いことに気づいた。目線の高さが違うと、状況の把握のしかたがちがう。人がいる、いないの状況判断などが。。。
エレベーター、のってるひとと目が合う、「それしか選択肢しかないんだ。」という意識を、小学校、中学校とかで話せるきかいがあれば。
大学に、来てほしい。エレベーター、車椅子トイレなど、、、なかなか出来ない、譲る勇気。[そこしか選択肢がないんだ]という意識の問題があるのでは。
こういう福祉意識、教育に組み込むべきです。。。
赤レンガテラス、北海道に参入してきたお店。bgmが大きかったが、それがコンセプトなのか?
人が多すぎて、急に前の人が止まったので足をタイヤで踏みそうになった。
スポットウォーキングさっぽろ は、毎月第2日曜日に様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!
参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ□■□■□
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

2014年第5回!スポットウォーキング! 下編投稿日 2014年9月1日

●スポット④
市電に乗り、やって来たのはコチラ「cafe ROSSA」さん!

市電駅 中央図書館前駅から、徒歩30秒のところにある、おしゃれなカフェ。入り口と店内には店主の愛車であるフェラーリのグッズがたくさん飾られていました(^^)!

決して広々としたバリアフリー店舗ではありませんが、事前に電話しておくと一番広い席を確保しておいてくれ、活動の話をすると店舗情報は喜んで載せてくれても構わないと、とても親切な対応(´・ω・`)♪

落ち着いた店内でゆっくり話をすることができました(^ー^)

映画「北のカナリア」の撮影でも使われ、吉永小百合さんが珈琲を飲んでいったようです(´・ω・`)

住所、バリアフリーなど詳細情報はコチラ→カフェロッサ さっぽろ” >カフェロッサ さっぽろ
●カフェを出て、道路挟んで向かえの中央図書館には車椅子対応多目的トイレがあるのでそこでトイレタイム、そのまま市電に乗り込み解散しました(^ー^)!!

○○時の市電に乗ります~と電話すると、またスタッフが二人車で来てくれて、車椅子の乗り込みを手伝ってくれます。

乗り場の幅がないので、二人がかりでなんとかかんとか(・・;)

なんとなく課題が見えてきたのではないでしょうか(>_<)
・車両乗り口の段差。(結局二人がかりで持ち上げているのでスロープの効果はかなり薄い。)
・駅の幅。コチラも二人がかりで持ち上げないと乗れないようになっている。
いずれも、改善するにはコストと時間が必要になってきますね(;゜0゜)
少しずつ、市電駅と道路の整備を進めていくとの話でしたが、こういった当事者の声を反映させないほどもったいないものはありません!!
活動の中で広くいろんな方に、ニーズがあるんだという意識を拡散していくだけではなく、街中で上がった当事者の声をカタチにして発信していくのも、スポットウォーキングさっぽろの使命。
せっかくこれから整備していくのであれば、車イスユーザー含め少しでも多くの市民にとって使いやすいものにしていけるよう、行政の方に声をあげていこうと思います。
~参加した皆さんの声~

・地下鉄東豊線 札幌駅駐車場から地下街に抜けるまでのみち、とっっっっても長い上り坂なので手動車椅子にはかなり辛いものだった。
ポラリスの乗り口のスロープ、あの角度、結局二人で車椅子を持ち上げるんだったらなんの意味もないんだなと感じた。
外の歩道が斜めでとても怖かった。

・札幌市の2014年の最新型車両より、オランダの10年前の市電の方がフラットで乗りやすかった。。。向こうでは市民みんなが自然と避けてくれたり手伝ってくれたが、札幌はまだ「どうしていいかかわからない」といった市民の印象がある。
・利用したエレベーター、車椅子でバックするときに後ろと全体が見える鏡が上の方についているものとそうじゃないものがあった。
市電の線路と横断歩道が交わるところの道路部分、車椅子を押していても通行が大変だったので、車椅子ユーザー1人ではとても通行できるようなものではないと感じた。

・車椅子ユーザーとはじめて外出したが、上記にあるエレベーターの鏡の意味、歩いてては気づかない歩道の微妙なナナメ具合が車椅子ユーザーにとっては致命傷だということをはじめて知った。
車椅子生活をして外に出ていると、すべての行為、すべての市民に対して「すみません~」「ごめんなさいありがとう~」とかんじながら行動しなければならないんだな、と強く感じた。
自分は、飲食店をやっている側だが、自分の店にこの気づきを持ち帰ったときに、どう還元できるかを考えてみようと思う。店が、街が、気づいてあげなきゃいけないことって一杯あるんだなと感じた。

・ポラリスを車で追いかけ、随時2人がかりで乗り降りの介助をしていくシステム、どう考えても限界があるし毎度毎度、時間指定されたものに予約しなきゃいけないのでは「誰もが使いやすい市民の移動ツール」にはならないと思う。
飲食店に車椅子トイレがないのはしょうがない。それでも何か手伝いたい、と思っていただける店舗の皆さんは、「店に一番近い車椅子トイレ」を把握していただけると、とても助かる。

●まとめ
・福祉業界以外の人が”ニーズ、不利益に気づく”ことの重要さを改めて感じることができました(^^)!
そのためにも、
「当事者がどんどん街に出る」
「当事者だけが気づく不利益をカタチにして発信する」
事がとても重要
だと感じています。
このように
①参加者同士での気付きがある。その気付きを私生活やそれぞれの職場に持ち帰ることで、今までよりちょっと広い視野で物事が見れる!→誰もが使いやすいものに少しずつ近づいていく!
②ポラリスなどの資源利用など、中規模でまとまって行動することで道行く人に、「車椅子の人の利用って結構あるんだ」などニーズに気づいてもらえる。
③飲食店を利用、活動の趣旨を簡単に説明することでお店の人にニーズに気づいてもらえる→気持ちが変わったり小さなことに気づけたりする。
なにより、
④楽しい!
普段の車椅子生活での不便さを共有して「そうそう!でも自分はこうしてるよ!」などの意見交換ができたり車椅子に触れたことがないひとが「へぇ~気づかなかったそーだよね~」等の話がなにより、楽しい(^ー^)♪♪
スポットウォーキングさっぽろ は
毎月第2日曜日に様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!
参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
■□■□■スポットウォーキングさっぽろ□■□■□
スポットウォーキングさっぽろ では、「ラーメン屋の情報なーい?」
「おしゃれなバーの情報がほしいんだけど」
「あそこのお店見てきて~」
等といった声を大募集しています(^ー^)!気軽にメッセージください(´・ω・`)♪
札幌市中央区を中心に、バリアフリーな美味しいお店などの情報を随時配信中♪ いいね!していただいた方にどんどん情報配信していきます♪
facepage.png

2014年第4回!スポットウォーキング!投稿日 2014年7月25日

こんにちは!スポットウォーキングさっぽろです!
今回の参加者は4人!少人数で男子四人。パチンコ屋さんにカラオケと今回はいつもとちょっと違った、遊び、エンターテイメントに焦点を絞って街を散策しました!
たまにはこういうのも。。。良いですよね(笑)
ではでは・・・・
2014年第4回!スポットウォーキング!
●とき:2014年7月19日(土)
●メンバー
 ・平間栄一 20代男性(事務局)
 ・佐藤成二 20代男性(事務局・車椅子ユーザー) 
・Mさん 20代男性(事業主・車椅子ユーザー)
・Tさん 20代男性 (福祉従業者)
●当日の動き
 
・11:30~札幌パルコ8階「シャルウィー スイーツ」にて食事。自己紹介と情報交換。
・13:00~札幌パルコ同階にてトイレタイム。
・13:30~パーラー太陽4丁目店、多目的トイレを利用。
・14:00~ベガスベガス狸小路店。
・14:30~札幌駅前通りを散策、北三条広場を経てさっぽろ駅方面へ。
・15:00~シダックス札幌駅前店にて振り返り、カラオケを歌って解散。 
●それぞれスポットの発見
 (ここでは行った場所(スポット)の詳細、そこであがった声を発信します♪)
 
 ●スポット①スイーツ、ランチビュッフェ「シャルウィースウィーツ」
  ・段差    なし。    
  ・トイレ 札幌PARCO同階に多目的トイレあり。      
  ・通路等の広さ 広々とはしていないが問題なく利用。昼過ぎるとかなり混んでくるので、声をかけなければならない場面も。
[入口、通路]

昼過ぎるとかなり混んでくるので、声をかけなければならない場面も。
[テーブル席]

椅子を避けていただき、着席
[店内の様子]

店内はすべて椅子が避けられるテーブル席となっている。

ビュッフェスタイル!
ただ、車椅子の高さからだと、、、、

ちょと中身が見えない。。。f(^_^; 説明文を見て食べるものをチョイス。
[ビュッフェメニュー]

スイーツだけでなく、ランチも楽しめます!肉、パスタ、ピザ、肉、カレーライス、肉。。。男子ですな(O.O;)(oo;)

食後のSweets!
●スポット②札幌パルコ8階、車椅子トイレ、喫煙所

座った位置から背中をつけられる壁までが遠いので、体感が弱い車椅子ユーザーにとっては使いづらい作りとなっている。“誰もがしっかり座れるわけではない”のです。
流すボタン、見つかりますか??場所にも注目。少し押しづらい位置に。車椅子に戻ってからボタンを押して対応。

手を乾かす位置が肩より高いので、水しぶきがブウァーって顔に飛んでくるのはまた車椅子あるある。。。(O.O;)(oo;)

喫煙所はフラットで引き戸のバリアフリー!
●スポット③パーラー太陽4丁目店 多目的トイレ
・札幌市中央区南1条西4丁目4-1市電通り沿いにあるここのパチンコ店には、なんの表示もないのだが、多目的トイレがある。

車椅子ユーザーにとって、車椅子対応多目的トイレの存在は貴重なもの。
用を足す選択肢が”それしかない”から。
他に選択肢がある人が、広くて髪の毛セットしやすいから、自分だけの空間だから、と安易に多目的トイレを使うのは極力避けましょう。。。!
(自分が使える)「トイレがない。」
これぞ、
“当たり前のなかに潜む不利益”。目に見えない障害であり、普段気にしないと気づけない(ほとんどの人が気にしなくても生きていける)不利益である(´・ω・`)

なんだか良さそうな台がないし狭いので打つのはやめよう。。。
●スポット④ベガスベガス狸小路店
やって参りましたパチンコ店の大手、ベガスベガス!
車椅子のお客さんを見かけると、店員さんが声をかけてくれ「固定されている椅子は外せますので、遊戯台がお決まりになりましたらスタッフの方をお呼びくださいませ!」とのこと(´・ω・`)
出そうな台があったのでそれぞれ台を選び。。。店員さんを呼ぶ。って、あまり長居できませんからね!笑

すると店員さんがやってきて。。。

カチャッ!トントントン。。。スポーン!

ものの30秒ほどで椅子をはずしていただきました(´・ω・`)♪
店員さんに話をすると、マネージャーさんが出てきて「他のお客様の顔等写らなければ撮影と情報発信大歓迎です!」とのこと!
大抵のパチンコ店の椅子の構造は同じで、しばらくはずしていないとさびついてとれづらかったりするものの、椅子は外せるようになっている。ただ、店舗によってスタッフがそれを知らなくて頭っから車椅子お断りや、「動かせる、置き椅子タイプの席でお楽しみください。」と台を選ぶことを許されない“目に見えない不利益”が生じている店舗と「車椅子のお客様の対応」と椅子のはず仕方をマニュアル化している店舗がある。
やはり、大切なのは、”外に出て、ニーズがあると気づいてもらうこと!またその情報を拡散すること!”“外に出て、ニーズがあると気づいてもらうこと!またその情報を拡散すること!”
ということで着席(°∀°)!

車椅子の高さからだとお金が入れづらい場面も。。。

勝ったか負けたかはさておいて。。。

通路幅はこんな感じ!
●スポット⑤カラオケ シダックス札幌駅前グラブ
カラオケ店、実はポテトやパスタ、サラダなどのフードもありソフトドリンク、アルコールの飲み放題とあり、大抵は車椅子ユーザーが入れる部屋があるので、車椅子ユーザーのなかで忘年会や各種飲み会などに大変利用されています。
ここ、シダックス札幌駅前グラブは、引き戸で車椅子対応のバリアフリールーム、キッズルームにおまけに愛犬ちゃんが一緒に入れるワンだふるルームまである。
ホームページはこちら!
[ソファーを両サイドに避けてテーブルを動かし、着席!]

ページ管理人ひらま、少人数にてカメラマンに徹していて全然登場してなかったので。。。せめて1枚登場させて!笑
[振り返りの話し合いが終わると、早速デンモクを手にするメンバー]

[フードの注文はコチラから]


[店内の様子]

バリアフリールームの入口の引き戸

通路幅は車椅子1.5台といったところでしょうか。。。!
~参加した皆さんの声~
・多目的トイレの流すボタン、押しづらいのももちろん、わからなくて最初ないかと思った。なぜあのタイプを選んだのかが知りたい。ちょっと手すりが遠かった。
パチンコ屋さんのお札を入れる位置。高くて毎回大変な思いをする。でも向こうから、椅子をはずす声かけをしてくれるので心地よく遊べる。お札が不便だと言うことも知っていただきたいなと思った。
・飲食店で着席するとき、子供が通るお店などは特に危ないので、車椅子の後ろのスペースが広い方が安心。後ろのスペースが大事。
本当に必要なのだろうか、という人が多目的トイレから出てきた。普段から多い。「車椅子専用」と強制することはできないので、譲り合う気持ち、そこしか選択肢がないんだという事実を広くみんなに知ってほしい。
・ビュッフェ形式の食べ物が高いところにあって見えない、これは鏡を設置するのが解決策なのだろうけど、女性客に絞ったお店のコンセプトなのかな、とも感じた。
店が込み合ってきてと通れない場面で、店員さんが一言お客さんに「通りますすみません」等と声をかけてくれるだけで大分違うなと感じた。
車椅子の人は、前を見ていない子供にとても気を使って走行しているんだな、と感じた。
札幌駅前にある自転車駐車禁止場所。沢山自転車が止まっていたので車椅子ユーザーどころかすべての人が通りづらい状態になっていた。
・そこそこの店舗によって対応が大きく違ったり車椅子のお客さんへの対応に慣れている所は、とても利用しやすい。やはり、“出る、利用する”ことで、どうあったニーズがあるのか社会全体気づいてもらえる。具体的にどう対応したら、他のお客さんと同じように気持ちよく利用できるかがわかってくるのだと感じた。
●まとめ
・以上!電動・手動車椅子ユーザー、福祉に関わりのない人、ある人、それぞれの立場が感じたことを皆で共有することができました!
このように
①参加者同士での気付きがある
②昇降機利用など、中規模でまとまって行動することで道行く人に、「車椅子の人の利用って結構あるんだ」などニーズに気づいてもらえる。
③飲食店を利用、活動の趣旨を簡単に説明することでお店の人にニーズに気づいてもらえる→気持ちが変わったり小さなことに気づけたりする。
なにより、
④楽しい!
普段の車椅子生活での不便さを共有して「そうそう!でも自分はこうしてるよ!」などの意見交換ができたり車椅子に触れたことがないひとが「へぇ~気づかなかったそーだよね~」等の話がなにより、楽しい(^ー^)♪♪
スポットウォーキングさっぽろ は、毎月第2日曜日にこうして様々な方と一緒に活動し、少しでも多くの人に”考えるきっかけ”を提供していきます!参加資格はありません。どなたでも、Facebookページ、事務局メンバー、どこでも構いません気軽に連絡いただければと思います(^ー^)!!
この「不便を抱える人がいざ実際に利用して見るとどうか」をいろんな人で共有して、一人でも多くの、外出の楽しみの選択肢が増える誰もが住み良い街になっていったらいいなと感じながら・・・
スポットウォーキングさっぽろ のFacebookページでは、日々の活動の様子はもちろん、車椅子で入れるお店、ユニバーサルデザイン情報、素敵な気づき、いろんな情報を配信していきます♪
少しでも多くの人にいろいろ感じてもらったり考えるきっかけになったらいいな♪と思うので、「いいね!」「シェア!!!!」してくれると嬉しいです(´・ω・`)♪
facepage.png

3 / 41234